プロフィール

ま、いっかおばちゃん

Author:ま、いっかおばちゃん
身長164cm
体重 58kg(誰にも信じてもらえない)
ちょっと大柄な、だけど小回りの利く、50代のおばちゃんです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホントにA型!?

我が家では、お祖母ちゃんを除く全員の血液型はA型なのだが、
不思議なことに、子供達は友達や上司など、よくご存知の方達に
「病院に行って本当にA型かどうか確認してこい。」と言われるらしい。母子手帳では、確かにA型のはずなのだが・・・
一般的にA型は緻密で繊細という。ってことは、ウチの子達は“ずぼら”で“適当”の上に“大雑把”ってこと!?
ちなみに、たくやは先輩に「A型でないことは俺が“保証”するから検査してもらえ!」といわれたそうな。
スポンサーサイト

夢の『CRV』

たくやの○○学校入学も無事決まり、夫がズーッと言っていた車の相談を始める。私はあくまでも6人乗り以上を希望していたが、まきとたくやが家を離れる事を考えると、夫の説、要するに5人乗りにも一理あり、CRVに決め、翌日見に行く事にする。
翌日たくやを誘ったが断られ、しんごを連れ3人でホンダベルノに。外にあったCRVに乗り、納得して、値切りの交渉の為、中へ。
その日は展示会ということで、何台かの車が中に。ステップワゴンが丁度あり、しんごと乗ってみる。
車内は広いし、乗り心地はいいしで、2人で盛り上がる。CRVより良い!ということになり、多数決でステップワゴンに変更。試乗をさせてもらい、それから値切り交渉。いい買い物をし、コーヒーを頂いて帰る。
ベルノの担当者、中原さんの後日談・・・金額の関係でランクの変更はあるそうだが、車種の変更をした家族は初めてだったらしい。
結局、夫、涙をのむ・・・・そのうち、たくやが買ってくれると、嬉しいことを言ってくれる。

いただき物

しんご、小学2年生。
学校から帰る道すがら、叔父さんが何か採っていたらしい
 しんご 「叔父さん、何を採っているんですか?」
 叔父さん「ざくろを採っているんだよ。ざくろって知っているかな?」
 しんご 「良く知りません。」
 叔父さん「じゃあ、ひとつ上げようか」
 しんご 「すみません。ひとつ下さい。」と頂いてくる。
     知らないことで良い事もある。
ヨン様の話をしんごと・・・突然
しんご「母ちゃん、ヨッ様じゃあ、いけねェだ?」
 母 「???」
しんご「家に居るじゃん。ヨッ様が」
 母 「???」
しんご「(微笑みの貴公子に対抗して)うすら笑いの貴公子・・ヨッ様」
 母、あまりに可笑しくて、ひきつけを起こしそうになる。
 お祖母ちゃんも大爆笑。  「しかし、良く考えるよね!!」
  ちなみに、ヨン様に似ても似つかない、夫の名前は 『よしき』

眠り姫 第2弾

READERの授業中・・・
 いつもの様に眠る。爆睡状態だったらしく、先生が途中 「まきは寝てますね。」 と言ったらしい。(友達の証言による) 
普通の人間だったら、ここで起きるだろうが、普通ではない、わが娘。そのまま授業終了まで爆睡。
 物音で目が覚め、大急ぎで片付けをしようと思ったが、手がしびれて、思うようにならず・・・
 ここまで根性の座った子もそうはいるまい。
“眠り姫” などと、とても言えたもんじゃないお話!

過労死

中学3年 受験生。確かに進学塾に行くようにはなったが、家に帰るとテレビは観るは、ゲームはするは、の毎日。ほとほと呆れ果てている12月、三者懇談の日、廊下で親子で待っている時に
 母 「あのさー、そろそろ勉強しなきゃいけないんじゃないの。」
たくや「まだ大丈夫さ。」
 母 「いくら塾へ行ってたって、塾へ行かない日は全然やってないじゃん。行かない日は家で30分でも1時間でもやった方がいいと思うよ。」
たくや「そんなにやったら、過労死するは!」 に思わず、大笑い。
中へ入って先生に報告。
翌日、クラス全員の前で、
 「勉強すると、過労死するんだよな、たくや。」と言われたらしい。本人、赤面とかのたまう。
母、思う。この間の日曜日、4時間程友達の家に麻雀に行ったが、それでも過労死しない奴が1時間やそこらの勉強で過労死するものかと?    疑問???

なに系?

しんごが“文系”にしたという話のついでに、ご近所の出来のいい裕也君の話になり、裕也君は?との問いに、“で系”と答える。確かに180センチの長身、しかも、しんご、肌が合わず。
夫が飲みに出掛けるというので、ご飯はないし、ほっかほっか亭にしようという話になり、出かけたついでにチラシをもらって来る。それを見ながら
たくや 「ばあちゃん、ダブルカツ丼があるよ。美味そうだで、それにすりゃ-いいじゃん。」
 祖母 「本当だね。これは、いいわ。」
   18歳の息子が76歳のお祖母さんに言っているが、
     常識的に考えると・・・・逆???

大丈夫!?

まきを新宿店に呼んでくれたというアルバイト先の社員が、他店へ異動の為連日連夜の飲み会の様子に、母は心配し電話で
 母 「毎晩、毎晩、夜遅く帰るなんて、危ないよ。」
まき 「大丈夫!夜じゃないから。」
 母 「エーッ!それって朝帰るってこと?」
まき 「まァー、そういうことだね。」」
     お気楽お嬢さんの娘を持った母は心配が尽きないのです

LOVE!ヨン様

新聞に載っている、週刊誌の広告を見ながら、
しんご「母ちゃん、ぺ・ヨンジュンに恋人できたらしいよ」と言うので
 母 「ウッソー?!ワーッ!悲しいなァー」
しんご「俺はそういう母親を持って悲しいよ!!」    
                  としみじみ・・・

ある日、ガン黒の娘達がテレビに大写しになる。と、おばあちゃん曰く
 「まきもあんな風になって、テレビに写る様な事にならなくて良かった。」と言うので
私が「こういうテレビには出ないけど、たまに駅で終電に乗り遅れた人が寝てるじゃん。そういう特番には出るかもよ。」
           あり得ないとも限らない恐ろしい話!?

まあ、いいか?!

中学3年、11月末の、3回目総合テストの1日目
 母仕事から帰るが、しんご、眠っていたのでお祖母ちゃんに 
 母 「今日のテストはどうだったって?」と聞く。
祖母 「科目が違ったらしいよ。」
 母 「エッ!!!!」 (目が点!!) 「何があったわけ?」
祖母 「国語と、英語と、数学とか言ってた。」
 母 「何、それェ-!昨日英語と社会とか言ってたよね。」
祖母 「数学でよかったね。どうせやらないし。」
 母 「数学と思っていて社会になるよか、いいか。」
祖母 「一夜漬けの人間は科目が違ってたら大変だね。済んだ事はどうしようも無いけど。」
  そりゃそうだけど!?
オイ!オイ!わが息子、何を考えているのやら

たるんでる!!

センター試験3日前より風邪のまき
 母 「なんでこんな時に風邪引くの?今までやらなかったんだから、“最後の追い込み”とか密かに期待してたのに。気持ちが弛んでるせいだよ。」
まき 「肉が弛んでるよりいいじゃん。」
  この期に及んで、冗談を言ってる場合ではあるまいに!!
まき、語学関係の大学の受験で英語にするか、他の語学にするかで悩んでいる時に、
 たくや 「姉ちゃん、どっちにするだ?俺ならイタリア語にするな。」
  まき 「どうして?」
 たくや 「だって、食い物がうめえじゃん。」
            たくやらしいが、そういう問題ではない。

進歩ナシ!

明日から2年最後の試験。ソファーに寝転びながらではあるが、分厚い本を読んでいたので
 母 「しんご、さすが2年の試験ともなるといつもと違うね。何読んでるの?」
母の言葉に耳も貸さず、夢中で読んでいるので、ちょっと覗いてみたら、なんとゲームの攻略本。やっぱり、いつも通りのわが息子でした・・・

ゆとり

勉強もせずに、TV鑑賞、携帯いじり、弟いじめにいそしむまきを、ずっと目で追う夫に、
まき「おとん、気持ちワリィー!」
 父 「まきは大したもんだ。何があっても動じないもんな。どんな時でも“ゆとり”をもって生きることが大事だぞ。」
まき 「それって、褒められてる気がしないんだけどねェ?!」

でかくなれ!

ゲームはするは、勉強はしないは、どうしようもない息子に、なんだかんだと文句を言ったところ
 たくや 「母ちゃん、“心”をでかくしろよ。無駄に“からだ”がでかいだけじゃ、駄目だぞ。」
 お前のお陰(?)で、気持ちがすっかり大きくなったッつーの。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。