プロフィール

ま、いっかおばちゃん

Author:ま、いっかおばちゃん
身長164cm
体重 58kg(誰にも信じてもらえない)
ちょっと大柄な、だけど小回りの利く、50代のおばちゃんです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まき1歳2、3ヶ月頃。遠くに離れ暮らしていた夫、地元に就職の為、戻ってくる。
久しぶりに家族で出掛けようとガソリンスタンドに。娘を連れて近くの公園にでもと思って出掛けたのだが、ガソリンを入れている間に、就職するまで2週間程あるし、お祖母ちゃんがお金を出してくれるというので、突然、遠出しようという話になる。我が家に戻り、 10分で用意をして出発。まず、行き先は神戸。神戸から四国に渡り、夫が知っている民宿で1泊。翌日九州に渡り、夫が以前お世話になった職場や知っているホテルetcを廻り1周して帰る。10日間で30万チョイ。1泊の新婚旅行しかしてなかったので、家族4人、遅ればせの新婚旅行。
こんなわけで、突然の旅行は計画段階の“楽しみ”が全くないが、我が家らしい気ままな旅もいい!!
スポンサーサイト

親は心配

まき小学校1年。赤いランドセルで元気に登校の日々。
ある日、ひざ小僧を擦りむき帰宅。「どうしたの?」と聞くと、隣のクラスの男の子に後ろからランドセルを持って振り回され、転んだとの事。3月生まれで体も大きくないので、苛められたのかもと心配になり、「明日担任の先生に話して、隣のクラスの先生に話して貰いなさい。」と話す。翌日、担任の先生に話したら、《やった子のクラスに行って自分の口から話す様に》と言われたので、隣のクラスの壇上で《○○君にこういう事をされましたが、嫌なので止めて下さい。》と言ってきたという。それ以来怪我はしてこないが、心配である。
自分でハッキリ言える娘だからいいが、言えない子だったら・・・?
多分その子に合わせた教育をして下さるのだろう。

太っ腹

高卒で就職したたくや。当然の如く、毎年後輩が入ってくる。ただし、大卒及び今時は大学院卒の、年上の後輩が多い様だ。気前のいい先輩(?!)は、たまに豪華に焼肉も奢る様だ。そんな時、年上の後輩(給料は多分後輩の方が多いと思うが・・・)が言うらしい、「本当は年上のおれの方が奢らなきゃいけないけど・・・考えるのはやめよう。」としっかりごちそうになる様だ。親が言うのも変だが、息子二人は太っ腹である。
夫に似ず、私に似て良かった。ただし、私は単に腹が太いだけであるが・・・
            意味が違うだろー!!    かな?
家族全員が同じ血液型という家族がテレビに登場。
ちなみに、我が家と同じA型家族は、皆がきちんとしていて、中学生の子が小遣い帳をつけ、親がメモ魔だという家族だったが、お祖母ちゃんを除いて全員A型である筈の(ズボラでいい加減、適当に生きている)我が家とはあまりに違っていて、目が点。
「ウチでは考えられないね。」と言いながら、しんごと母、並んで仲良くテレビを観る。
只今しんごは受験生。

ぺ・ミサエ

ヨン様“命”の母に
しんご「ぺ・ヨンジュンと結婚したら、ぺ・ミサエになるぞ。」
願ってもないこと!!!!!

ポジデブ?!

何でも自分に都合よく解釈する母に、しんごひと言。
「母ちゃんは“ポジティブ”じゃなくて、“ポジデブ”だな」  
       ウンウン、ナルホド

デキモノ?!

私が前に座り4メートル位後ろのソファーからテレビをみていたお祖母ちゃん。突然驚いた様に、
「お前、首のところにコブみたいなモノがあるよ。」と言うので、ビックリしてそこらじゅう触りまくったら、
「ああ、違った。二重アゴがそういうふうに見えただけだった。」
このアゴはデキモノでもなんでもない!

入籍

子供が生まれて落ち着いてから、いずれ結婚式という予定の様で、とりあえず入籍が先という状況にあるのだが、またもや音信普通。3月に子供が生まれるというのに、事が進まず母としては心配な毎日。本人達はいいかもしれないが、《入籍はせめて双方の親が逢ってからにしてよ》と言っておいたのに、全く音沙汰なし。わが息子ながら暢気にも程がある。《いいの?お前の結婚だよ!》と思っていたら、『親同士逢うの10日でいい?』とメールがくる。
翌11日、大安の日に無事入籍の届出を済ませ、母としても心の区切りが付きホッとする。
あとは可愛い孫の誕生を待つのみ!
後日談
スポーツ新聞で日本ハムのダルビッシュ投手も同じ日に入籍との事。大安の忘れない日に入籍したが、考えることは皆同じ(!?)。できちゃった婚も一緒のうえ、片方がハーフだし・・・
二組の若い夫婦の末永い幸せを願う

副会長

まき小学校4年。
クラスで副会長候補に選出され立候補するはハメになる。選出方法は配られた紙に1名名前を書くというやり方。男女関係なく友達の多いまきの票が多かった様だ。しかし、いざ5年になり副会長の仕事はというと、全校で歌う校歌の指揮。
5年の保護者懇談の折、5年で出すのは惜しかったと担任の先生に言われたが、そう言って頂けるだけで、嬉しい母である。

謝恩会

しんごもようやく高校卒業となる。末っ子でもあるし、もうこんな機会もないと思い、
 母 「卒業式の後の謝恩会に出席しようかな。」
しんご「出なくて、いい。」
 母 「いいじゃん。出たって。」
しんご「俺の顔に泥を塗る気?」
 母 「泥は塗らない様にするから。」
しんご「母ちゃんの顔に化粧を塗ることは、俺の顔に泥を塗ることなんだよ!」
     ナニ?それ!?ひょっとして侮辱してる?!

悩みのタネ?!

我が夫は残念ながら、世の中では通用しない位、微妙に変である。『はーァ?!』と思う事を、思わないで行動するから困る。子供達も小さい頃は判らなかった様だが、成長し“普通の大人”に接する様になると、“微妙な違い”が判る様になる。
昔確かインスタントコーヒーの宣伝にあった“違いの判る大人”だったら良かったが、“違っている大人”だから、どうしようもない。我が家の『悩みのタネ』である。
そんな変な奴と結婚したのは紛れもなく私・・・あーァ義姉に騙された!!!
 (騙して変な弟を押し付けた義姉は幸せ(?)に暮らしている・・・)
 《結局、義姉も同じ環境で育っているので、“変だ!”という事に気がつかないのかもしれない》

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。