プロフィール

ま、いっかおばちゃん

Author:ま、いっかおばちゃん
身長164cm
体重 58kg(誰にも信じてもらえない)
ちょっと大柄な、だけど小回りの利く、50代のおばちゃんです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情けない懇談会

たくや中学3年。
いよいよ自分が受験する高校を決めなければならない。中学2年で担任が替わった際、自分の目標校を決めクラスの壁に張り出してあったので、一応その線で落ち着く。当地で一番とされる進学校に行かれる程度にはいたが、勉強が好きではないし、諦めも早いので、親子で納得の上、二番目の進学校と決めていた頃。担任の先生には別に何も言われなかった様だが、学年主任の先生に、
「○○校(第一の進学校)の方が落ちる人数が少ないぞ。」と言われたようだ。
先生方もある程度の人数は確保したいだろうし、かといって落ちたら困るしで、ハッキリ言えなかったと想像できる。結局、父と母が通った△△校にする。
後日談
入学してすっかり油断した息子、高校1年の懇談会で担任の先生に言われる。
「お前なァー、俺もここまで落ちるとは、思わなかったよ。(結構上位の成績で入った様だったが)勉強の仕方わかるか?」
            情けない・・・・・・!
スポンサーサイト

行儀見習い

その昔、お義母様が高名な方のお宅で行儀見習いをしていたと義姉達に聞いたことがある。《だったらしっかりお行儀を見習って、もっと子供達をしっかり躾けてくれれば良かったのに》と思うが、息子である夫は、箸の持ち方から食事のマナーまで最低である。
義姉はご長女に注意されて気をつける様になったと言っていたが、夫は子供に言われても何処吹く風で“そんなの関係ねェー”だ。
母に言わせると行儀見習いとは名ばかりで“お女中さん”だったんじゃないのと・・・それなら納得。

母ちゃん来て!

朝7時ちょっと前携帯電話が鳴る。めずらしい事にたくやから着信。大体があまり大きな声ではないが、今日は特に消え入りそうな声。
「おとといから熱が出て、昨日から39度5分あるんだけど、来てくれね!?」
「すぐ行くから待ってなさい!」と、とる物もとりあえず、家の事はお祖母ちゃんにお願いして出掛ける。
仕事の関係で自宅から1時間位の所に一人で住んでいるので病気の時は心配である。風邪を妊娠中の彼女にうつすわけにいかないので、看病にくるなと言って母に助けを求めたというわけ。我が家に連れ帰り早速病院へ。翌日には38度台に下がる。
そういうわけで、常日頃音信不通のたくやだが風邪のお陰でほんの少し結婚の話もできる。
彼女の事、あちらの親御さんの事etc.
全く情報がなく心配していたが、彼女が性格のいいお嬢さんで一安心!

時を忘れる

お正月休みに帰省。2月に結婚式を控えているまき、昔懐かしいアルバムを取り出しては写真の選定に余念がない。しかし見たアルバムを出しっぱなしで積み上げてあるので、家族も見ることになる。
幼い頃の子供達の可愛い写真にしばし時を忘れる。

遊ぶ必要なし

しんご、高校3年。とりあえずセンター試験終了。
「担任に『センター試験も終わったことだし、2、3日遊んで次に向かって頑張れ』と言われたから、カラオケに行ってきた。」と遅い帰宅。
「それは勉強してきた人の話。お前はしてないんだから、遊ぶ必要は全くないの!」
            ホント、何考えてンだか???

リングネーム

たくやとしんごと母“プライド”の話で盛り上がる。そこでたくやリングアナウンサーに。
“たくやグレイシー”
“しんごグレイシー”
“みさえクレイジー”  
母のリングネームだけ微妙に違うンだけど・・・?!

義理の弟

寝たら最後なかなか起こせないたくやを家族で買物に出掛けるために嫁のりかちゃんが必死で起こす。兄の横でしんごも熟睡中。
りか 「ねェ、起きて。もうそろそろ出掛けるよ。」
たくや「わかった、わかった。先に義理の弟を起こせ。そしたら起きるから。」ということで、りかちゃんがしんごを起こすことに。
一応顔はしんごの方に向くが、俯き加減にほとんど聞こえない小さな声で「起きて下さい!」
初々しい遠慮がちなお嫁さんのしぐさに思わず笑ってしまう。

パトカーって?

帰省の度に、ウチは物がありすぎだから捨てなさいと言うまき。
年末に帰省し年始にミシンを持って行きたいというので、車で送ることにする。
アパートに1泊してきたが、ウチの方がきれいな気がしたが・・・
送る途中の高速道路での話・・・
快調に飛ばしていく追越車線の車が心なしかスピードが落ちてきたので不思議に思いつつ後に続く。走行車線にパトカーらしき赤いチカチカが見える。追越車線の一般車もパトカーを追越す勇気はない様で二列縦隊でしばらく走る。このままついていっても時間の無駄なので諦めてサービスエリアに入る。その後二列縦隊がどうなったのか知らないが、パトカーは高速道路を何キロで走っているのか、そのパトカーを追越したら罰金を払う事になるのだろうかと気になった。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。